力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

面倒なシェイク作業不要!完全食COMPにドリンクタイプが登場「COMP DRINK」実食レビュー

飲むだけで必要な栄養素を全て摂取することが可能で、極言すれば「これさえ飲めば何もいらない」という夢のような商品「完全食COMP」

クラウドファンディングでの誕生から正式販売となり、今ではその名前を知っている人も以前とは比べ物にならないほどに増えました。

COMPは発売してからも味や溶けやすさ、成分など細かいバージョンアップを重ねており、更に昨年にはUHA味覚党とコラボしたグミタイプも登場しました。

そんな完全食COMPに今回新たにドリンクタイプが誕生し、本日届きましたので早速ご紹介をさせていただきます。

完全食COMPとは

まずは完全食COMPを知らない人向けに、簡単に説明を

COMPは完全食・完全栄養食を謳っており、1食に必要とされている栄養素が全て含まれている商品です。

その「必要な栄養素」とは「栄養素等表示基準値」の必須アミノ酸・必須脂肪酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維・カロリーのことであり、「栄養素等表示基準値」とは厚生労働省が定めている日本人の1日に必要な量の平均的な値の基準のことです。

COMPだけを飲んでいれば生きていけるというのも必要な栄養素過不足なくバランス良く摂取できるためですね。

また、普段の生活で過剰に摂取しがちなナトリウム(塩分)は基準よりも少なめになっている点も嬉しいポイントですね。

シェイクするのが面倒

さて、これまで粉末タイプのCOMP POWDERとグミタイプのCOMP GUMMYの2種類がありました。

個人的にはGUMMYよりもPOWDERの方が腹持ちが良く、なおかつ食事時間も飲み干すだけと一瞬で終わるので、普段はPOWDERを飲んでいました。

そんなCOMP POWDERの最大の弱点シェイカーで振って溶かすのが面倒な点です。

1食に必要なカロリーは約800kcalですが、それだけのエネルギーを粉末で摂取するとなると結構な量を溶かす必要があります。

COMP用の大きめなシェイカーに入れても、粉末を入れた時点で水が入る余裕がほとんど無いほど。

f:id:hrktksm:20160917085956j:plain

ここに水を満タンに入れて飲もうとすると、ドロッドロになってしまい私は正直飲めません。

なので1度シェイクをして、粉末が水に溶けてスペースに余裕が出来たら、シェイカーの蓋を開けて水を追加してもう1度シェイクします。

f:id:hrktksm:20160917090436j:plain

この2度手間が、特に会社に行く前の朝食時などは非常に面倒くさく感じます。

シェイクせずに飲むことが出来れば、COMPの時短という魅力がさらに輝くのに…

私以外の多くのCOMP愛好家がそう望んでいたことでしょう。

そんな願いを叶えてくれる商品、それがドリンクタイプの完全食COMP、その名も「COMP DRINK」です。

www.comp.jp

COMP DRINK

それでは実物を見ていきましょう。

専用の段ボールに梱包されており、見た目がオシャレでワクワクしますね。

f:id:hrktksm:20180404191614j:plain

COMP DRINKは1本1,000mlのパックに入っており、6本セットでの購入となります。

f:id:hrktksm:20180404191619j:plain

パウダータイプとの比較

実食の前に、価格などの気になるポイントを比較してみましょう。

コスパはCOMP POWDERが優秀

COMP POWDERは1袋4,000kcalの大袋タイプで計算すると、8,000kcal分で7,000円です。

それに対し、DRINKは1本1,000kcalで1,300円、8,000kcal分ですと10,400円となります。

コストパフォーマンスではPOWDERに軍配が上がりました。

1食700kcalとすると、1食分の金額はPOWDERが約612円、DRINKは約910円です。

この価格差を大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれでしょう。

私は正直アリだと思いました。

それほどに、シェイクしなくて良い・他の飲み物も混ぜやすいというメリットは大きいと感じています。

COMPのどんな点を魅力と感じているかで価値観は変わりますが、時短優先・面倒くさがりな私のような人にはDRINKは合いますね。

賞味期限は半年

DRINKがパウダータイプに劣るもう1つのポイントが賞味期限です。

COMP POWDERの賞味期限が製造から約1年なのに対し、DRINKは半年となっています。

COMPを災害時などの為の非常食として活用している人もいますので、この点は注意しましょう。

主にPOWDERが優っていると感じたのはこの2点ですね。

さらっとしていて飲みやすい!

それでは実際に飲んでみましょう。

注いでみると、COMP POWDERを水に溶いた時よりもクリーム色に近い色味です。

f:id:hrktksm:20180404191636j:plain

飲んでみた感想ですが…

DRINK良いですよ!気に入りました!

味自体は豆乳やホットケーキミックスを薄めたような淡白な味で、POWDERとほぼ変わらない印象。(最近、水で溶いてないから素のCOMP味がうろ覚えですが)

それよりも私が美味しいと感じたポイントは口当たりです。

非常にサラサラしており、水に粉末を混ぜた時では得られないまとまりの良さがあって、たいへん飲みやすいです。

COMP POWDERをただの水で溶かした状態では美味しいとは感じない私でも、COMP DRINKならそのままでもグビグビいけちゃいますね。

他の飲み物で割るのもOK

素のままで十分飲めるとは言え、飲み比べ大好きな私としては他の飲み物と混ぜずにはいられません。

試しに1つやってみましょう。

COMPと組み合わせる中で最も美味しいと私が自信を持っておすすめするのがローソンのグリーンスムージーです。

f:id:hrktksm:20180404191644j:plain

おすすめの飲み方記事にて、スムージーは溶かしにくさが弱点だと言ったことがあります。

しかしDRINKと混ぜる時にはそのまま注いで軽くかき混ぜるだけでOKです。

この手軽さは素晴らしいですね。

味ももちろん申し分ありません。

DRINK自体が水分を含んでいるため、POWDERをスムージーに溶かした時よりも水分量も多く、よりサラサラとした状態となりますので飲みやすさも向上しますね。

他の飲み物を混ぜることで、摂取できる栄養の量やバランスは当然変化しますので、完全に食事を置き換える人の場合はしっかりと計算するようにしましょう。

その他のおすすめの飲み方はこちらの記事をご覧ください。

最後に

いかがだったでしょうか。

個人的にはシェイクする手間をカットできるDRINKの登場は非常に嬉しいです。

しかし、毎日の食事で摂取するとなるとコスト面も当然重要ですので、今後はパウダーとドリンクを飲み分けながら過ごしていきます。

毎日コンビニ弁当を買っている人など、どうせ1食に数百円をかけるのであれば、この機会に栄養バランスの整った完全食COMPを試してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

スポンサーリンク