力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介ブログ

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

kcud スリムペダル 30|3種のゴミを分別可能なシンプルデザインのダストボックス

2021年も気付けば3ヶ月が経ち、あっという間に新生活シーズンとなりました。

新しい学校、新しい職場、新しい住居などなど、これから始まる新たな生活に心を躍らせている人も多いのではないでしょうか。

私はといえば、特にこれといった大きな出来事は無いものの、昨年の2月頃から続いているテレワークによって「おうち時間」が増えたことや、突然始まった彼女との同棲生活などにより、自宅のインテリアや収納を絶賛見直し中です。

そこで今回は、私が最近購入して感動した#新生活が捗る逸品 から、『kcod(クード)』のダストボックス(ゴミ箱)を紹介します。

機能性をシンプルデザインに詰め込んだゴミ箱『kcod(クード)』

私が今回紹介するのは、ゴテゴテしていないシンプルデザインながら、使い勝手をしっかりと追求して機能性をギュッと詰め込んだ『kcod(クード)』のダストボックスです。

ダストボックスというオシャレな呼び方を普段はしておらず慣れないので、以降はゴミ箱と書きますね。

さて、そのクードのゴミ箱ですが、特徴をざっくりとまとめるなら「見た目はすっきりしているけど使いやすい」です。

  • 45Lの大きなゴミ袋も入れられる余裕のあるサイズ
  • 取っ手付きのレジ袋を2~3枚セットするという使い方も可能
  • 移動に便利なキャスター付き

このような魅力を、どんな雰囲気の部屋に置いても悪目立ちしない、シンプルな見た目にまとめてくれているのが嬉しいところ。

カラーバリエーションも豊富ですし、奥行きが長いタイプや横に広いワイドタイプ、フットペダルで開け閉めができるタイプなど、形状も自分の好みやお部屋に合わせて選べます。

私は45Lのゴミ袋をセットできる大きめのゴミ箱を探していたのですが、おしゃれなデザインの物はサイズが小さかったり、反対にサイズに余裕のある物は見た目が「ザ・ゴミ箱」のような主張が激しかったりと、なかなか好みに合うゴミ箱と出会えずにいました。

そんな中で見つけたクードシリーズは、私のツボをビシッと押さえてくれていて、まさに一目ぼれ。

しかし、ゴミ箱としてはお値段が少々お高めだったのもあって、いきなり自宅のすべてのゴミ箱を買い替えるのでなく、まずはお試しで1つ買ってみることにしたのです。

クード スリムペダル 30 レビュー

私が購入したのはフットペダル付きのモデル『クード スリムペダル 30』です。

足で踏んでフタを開けるタイプですね。

クード スリムペダル 30 ベージュ

カラーバリエーションは全8色で、私はベージュを選択しました。

お使いのモニター環境によっても色の見え方は変わりますが、実物はイメージ写真に比べて色味がかなり淡いと感じ、届いて開封した時には「あれ?アイボリーなんてカラバリにあったかな?」と購入履歴を確認してしまったほどでした。

画面で見ていたのと実物とで色味の印象には結構な差があったものの、私がゴミ箱を配置するキッチン付近はホワイトを基調とした家具でまとめられているため相性は良く、個人的には気にならない差ではありましたが、ブラウンに近い色味を想像していると驚くかもしれませんね。

1つのゴミ箱で3種類のゴミ分別が可能!

アルミ缶・スチール缶・ビンの3種類のゴミの分別のためにゴミ箱を3つ使用

それではまず、クードが来る前の我が家のゴミ箱事情をお見せしましょう。

これまではアルミ缶・スチール缶・ビンを分別するために、3つのゴミ箱を使用していました。

アルミ缶・スチール缶・ビンの3種類のゴミの分別のためにゴミ箱を3つ使用

アルミ缶とスチール缶は袋がいっぱいになったら回収ボックスに持っていくのでゴミの日を待つ必要が無く、ビンに関しては回収日が月イチですが、そもそもビンのゴミがそこまで多くはありません。

そのため、「コンパクトサイズのゴミ箱を3つ配置する」というスタイルで過ごしていましたが、小さいとはいえゴミ箱を3つ並べるとなかなかに邪魔です。

掃除機をかける際にも、1つ1つ動かさなくてはならないのは、地味ながらストレスですね。

クード スリムペダル 30は取っ手付きレジ袋を3袋セットできる

その点、クード スリムペダル 30ならば、取っ手付きレジ袋を3枚まで引っかけられるので、ゴミ箱1つで3種類のゴミを分別できます。

アルミ缶・スチール缶・ビンの3種類のゴミの分別のためにゴミ箱を3つ使用3つ並べていたゴミ箱をクード1つのみに置き換え

ビフォーアフターで比較してみるとこの通り、ゴミ箱をいくつも並べなくて済むというのはスペースの節約になってありがたいですね。

クード スリムペダル 30はシンプルな見た目でお部屋の雰囲気もすっきり

クードのシンプルなフォルムも相まって、お部屋の雰囲気もなんだかスッキリしたように感じます。

開けた状態でキープできるフタが快適すぎる

フットペダルタイプのゴミ箱は、調理中など手が汚れていても足で開閉できるのが便利なのですが、足を離してしまうとフタが閉じてしまう、なんて仕様の物も珍しくありません。

クード スリムペダル 30はフタが全開状態でキープされる

クード スリムペダル 30は足で開閉する際はペダルと連動するのですが、手で全開まで開いた場合にはフタが開いた状態でキープされるため、たとえばゴミ袋のセット時にはペダルを踏みっぱなしにする必要がありません。

ゴミ袋の交換は週1~2ペースで必要な作業ですので、そうしたプチストレスから解放されるのは、細かいながら非常に重要なポイントでもあります!

並べて置きたいのでリピ買い決定!

ニトリのゴミ箱・段ボール製ゴミ箱×2・クード スリムペダル 30

実物を見て触ってとても気に入ったため、燃えるゴミ用のゴミ箱としてクード スリムペダル 30の買い足しを決意しました。

そもそも私は燃えるゴミ用の大きなゴミ箱を探していて、サイズ・容量とデザインに一目ぼれしたからこそクードを購入したはずだったのですが、取っ手付きレジ袋を3つセットできる機能にすっかり夢中になってしまっていました。

45Lゴミ袋を1枚セットして大容量ゴミ箱としてもヨシ、レジ袋を2~3枚セットして分別用ゴミ箱としてもヨシ、さらには並べて映えるデザインですのでゴミ箱自体を複数買って並べてもヨシと、見た目から使い勝手まで文句なしなゴミ箱です。

ゴミ箱は生活になくてはならないアイテムですし、特に、この新生活シーズンで部屋をおしゃれにしたいと考えているならば、このクードシリーズはおすすめです。

お部屋の雰囲気を損ねることなく、それでいて小さなストレスから解放してくれるクードのゴミ箱で、あなたのお部屋をちょっぴり快適にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク