力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
手軽で美味しい完全栄養食「BASE PASTA」実食レビュー
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

毎日の充電をもっと快適に。「dodocool Micro USB マグネットケーブル」レビュー

スポンサーリンク

Micro USB端子を抜き挿しせずに充電を可能にするマグネットケーブル。

接触させるだけで充電できるため端子を摩耗させる心配が無くなり、毎日の充電が快適になるという素晴らしいアイテムです。

私は以前にもマグネットケーブル系商品を購入していますが、また新たな商品を入手しました。

過去に購入した商品とまとめて比較もしますので、充電時のストレスを軽減したい人はぜひ参考にしてみてください。

マグネットケーブルがdodocoolから登場

様々なメーカーから登場しているマグネットケーブルですが、dodocoolからも発売されました。

※こちらはdodocool様から商品サンプルを頂きました

dodocoolは各種ケーブルやモバイルバッテリー、Bluetoothヘッドセットやデスクライトなどなど、幅広く取り扱っているメーカーで、このブログでも過去にdodocoolの商品を紹介しています。

マグネットケーブルは品質の差が激しいアイテムです。
Amazonで販売されている各メーカーの商品の評価を見ても、酷い物ですと平均2〜3点の商品がザラにあります。

そんな中、dodocoolのマグネットケーブルは記事執筆時点で平均4.5点とかなりの高評価をされています。
これは期待せずにはいられませんね。

dodocool Micro USB マグネットケーブル

それでは実物を見てみましょう。
f:id:hrktksm:20170506002838j:plain

内容物はマグネットケーブル本体、Micro USBコネクタ、マニュアルです。
ケーブルは1.2mとちょうど良い長さ。
表面は柔らかめのメッシュ仕上げで、取り回しが非常に快適です。
f:id:hrktksm:20170506002845j:plain

コネクタ全体を覆うのではなく、コネクタの凸部分のみをケーブル側の端子が覆う形になります。
f:id:hrktksm:20170506002851j:plain

Kindle Paperwhiteに挿してみたところです。
f:id:hrktksm:20170506002857j:plain

充電してみました。
アダプタと連結すると青色のLEDが点灯します。
輝度は以前に購入したマグネットアダプタ「FIRST2SAVVV」と同程度です。
f:id:hrktksm:20170506002933j:plain

使ってみて

マグネットケーブル系の商品はこれまでにも2商品を使ってきましたが、その中でも最もおすすめできる商品だと自信を持って断言できます。

dodocoolのマグネットケーブルで最も「良い!」と感じたのはアダプタとの連結しやすさです。
磁力が非常に強く、ケーブル側の端子を近付けると吸い付くかのようにピタッとハマります。
その強さは、磁力のみでKindle Paperwhiteを吊り下げられるほど。
f:id:hrktksm:20170506050325j:plain

磁力が弱いとちょっとした衝撃でアダプタが離れてしまうため、マグネットケーブル系商品では磁力の強さがそのまま使いやすさに比例します。
その点、dodocoolのケーブルは素晴らしいですね。

もう1つの良い点はケーブルの取り回しやすさです。
1.2mという長すぎず短すぎないベストの長さに加え、滑らかで柔らかなメッシュ素材のケーブルが抜群に使いやすいです。
「FIRST2SAVVV」のようにアダプタだけを既存のケーブルに付けるのならともかく、ケーブルとアダプタが一体化しているマグネットケーブルの場合、ケーブル自体に不満があると使い勝手も半減してしまいますからね。
「iina-いのべ」のケーブルはコシの弱い平麺のようになっており、今ひとつ使いづらいうえによく絡みます。

表裏の両面データ転送対応しているのも嬉しいポイントですね。
これまでの2商品はいずれも片面のみしか対応しておらず、接続してからデータ転送可能かを確認していましたので。

使い勝手に関しては文句なしなdodocoolのケーブルですが、イマイチな点を挙げるとすれば価格でしょう。
1本で約1,400円と、Micro USBケーブルとしてはかなり高価です。
しかし私は実際に使ってみて「この価格でもアリだ」と感じました。
それほどに今回のdodocool商品には満足しています。

まとめて比較

dodocool・iina-いのべ・FIRST2SAVVVの3商品をまとめて表で比較してみましょう。
FIRST2SAVVVに関してはアダプタ部のみでの評価としています。

商品dodocooliina-いのべFIRST2SAVVV
(アダプタ部のみ)
磁力
ケーブルの取り回しやすさ-
データ転送
価格×

過去の商品レビューはこちらへどうぞ。

こうして比較してみると、価格以外ではまさに死角無しのマグネットケーブルです。

その価格も、この品質を考えると不満が全くありません。

事実、私もこの記事を書いたすぐ後に追加で4本を購入したほどです。

最後に

今回の商品はレビュー依頼ということでメーカーにいただきましたが、その後に自宅のMicro USBケーブルを全てこの商品に置き換えたほどに感動しました。

個人的には大満足でしたので、このクオリティでUSB Type-Cバージョンも発売してもらいたいです。

マグネットケーブルをこれまでに使ったことのない人はもちろんのこと、既存のマグネットケーブル系商品を使って不満を抱えていた人にも試してもらいたい商品です。

dodocoolのマグネットケーブルを導入して、毎日の充電を快適にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク