力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
手軽で美味しい完全栄養食「BASE PASTA」実食レビュー
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

Kindle Paperwhiteに漫画モデルが登場!ストレージは従来の8倍!

スポンサーリンク

Amazonの大人気電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の新モデルが10月21日に発売されることになりました。
既にAmazonでは予約が開始されています。

本日は、この「Kindle Paperwhite マンガモデル」についてお話をさせていただきます。

Kindle Paperwhite マンガモデルとは

一言で説明すると、ストレージ32GBのKindle Paperwhiteです。
従来のKindleは全モデル共通でストレージが4GBしかありませんでした。
そのためデータ量の多い漫画を大量に購入するとあっという間にストレージがいっぱいになってしまい、端末からその都度消す必要があり、非常に面倒でした。
今回発売されるマンガモデルは、その弱点を克服したモデルになっています。
ストレージ以外ではE Inkパネルやフロントライトの設計が変更され、従来モデルと比較すると、より白く見えるようになっているようです。
ページ送りも33%高速化されていますが、従来モデルもファームウェアのアップデートで高速化されると発表されています。
また、これまでのPaperwhiteにはWi-Fi+3Gモデルも存在しましたが、マンガモデルはWi-Fiのみです。
以前から漫画のようなデータ量の多い書籍のダウンロード時にはKindleの3G回線は利用できなかったため、この点は特に問題にならないでしょう。

プライム会員なら12,280円から

ストレージが4GBから32GBと8倍になりましたが、従来モデルとの価格差はわずか2,000円の16,280円(キャンペーン情報つきモデル)です。
さらにプライム会員ならばクーポンコード『PRIMEMANGA』を入力することにより、4,000円引きの12,280円から購入可能です。
プライム会員の年会費は3,900円ですので、この割引の為だけに入会してもお釣りが来ます。
動画配信サービスとしても充実してきていますので、その他のプライム会員特典が気になる人はこちらの記事をご覧ください。

漫画用電子書籍リーダーとしてなら…

私は正直なところ、漫画用として購入するのであればKindleではなくFireタブレットをオススメします。

理由としましては、漫画の場合はページを捲る頻度が小説より遥かに高く、E Inkパネルの省電力性をあまり活かせないためです。
それでももちろんKindleの方がバッテリーは持ちますが、カラーのページも白黒で読まざるを得ないことなどのデメリットを考慮すれば、漫画用書籍リーダーとしてKindle Paperwhite マンガモデルはオススメしません。
また、Fireタブレットの場合はSDカードにKindle書籍データを保存することができるため、ストレージの心配も無用です。

最後に

マンガモデルとはなっていますが、単に「容量の大きいKindle Paperwhite」と考えた方がわかりやすいです。
大量の小説を読む人など、これまでにKindleシリーズを愛用していて容量不足に悩んだことのある人ならば嬉しい選択肢になります。
マンガモデルに合わせて「Kindle」「Kindle Paperwhite」も4,000円引きセール中ですので、気になる人はぜひチェックしてみてください。
それではまた。

スポンサーリンク