力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

テレビやディスプレイに挿すだけ!便利なHDMIスティック端末をご紹介します

HDMIスティックという商品をご存知でしょうか。

HDMI端子に挿すだけでテレビやディスプレイがPCやメディアプレーヤーとなる商品です。

昨年もマウスコンピューター社のスティックPCが大人気でしたね。

本日はそんなHDMIスティック端末について、簡単にご紹介をさせていただきます。

Windows

こちらはスティックPCブームの火付け役ともなったマウスコンピューター社の商品です。

OSのみを購入しようとすればそれのみで1万円を超えるのにも関わらず、OS込みで1万円以下という非常に安価な商品も存在するのがスティックPCの魅力ですね。

Cherry Trailと呼ばれる新しいAtom搭載でファン付きの商品がオススメです。

個人的にはASUSのVivoStickを特に推したいところ。

Chromebit

Chromebookでお馴染みの「Chrome OS」が入ったスティックPCです。

Webブラウジングがメイン用途なのであればChrome OS端末は起動の速さ・OSの軽量さなどでかなりのメリットがあります。

ちなみにこのChromebitは「Androidアプリが利用可能になるChrome OS端末リスト」に含まれているので、対応後はますます需要が高まりそうです。

hrktksm.hatenablog.com

発売から数年が経過したASUSのChromebitですが、先日新色としてオレンジが登場しました。

HDMIスティック端末はブラック系ばかりでしたので、ワンポイントとして存在感を出したい人にはおすすめです。

合わせて買いたい周辺機器

WindowsやChrome OSのスティックPCと合わせて買いたいのは無線マウス・キーボードですが、「リビングではマウスを使いたくない」という人も多いでしょう。

そんな人にオススメなのがトラックパッド付きキーボードです。

こちらのLogicool製の商品はChromebitで実際に試しましたが問題なく動きました。

Chromebitはまだまだレビューが少ない商品ですので、キーボードとの相性が気になりましたらぜひ選択肢に入れてみてください。

Google Chromecast

HDMIスティック端末で、最も有名な商品ではないでしょうか。

注意していただきたいのは、Chromecastは単体でアプリを動かしたりするのではなく、Wi-Fiで接続されたスマートフォン・PCから動画やゲームをキャストしてテレビで利用するというもの。

私は第1世代のChromecastを4本購入し、家の各部屋のテレビ・モニターに接続していました。

価格もお手頃で使い勝手も良かったのでたいへんお気に入りです。

Amazon Fire TV Stick

AmazonのFireシリーズのスティック端末で、リモコンのみで手軽に操作ができます。

同じく安価なスティック端末のChromecastとは異なり、Fire TV Stickは単体で操作が可能です。

huluやNetflixのような人気の動画サービスはもちろん、Amazonプライム会員なら見放題のプライムビデオも利用可能です。

最近はAmazon限定配信動画も増えていますので、映画などを見るのが好きな人には嬉しいですね。

YouTubeが公式アプリで視聴できなくなり、使い勝手が若干落ちてしまいましたが、Webブラウザ(Firefox)からのYouTube視聴は可能です。

最後に

いかがだったでしょうか。

自宅のリビングのテレビに挿して使う、コンパクトさを活かして主張先に持っていくなどなど、利用法は様々です。

価格も安く、手軽に買えるという点も嬉しいですし、気になる人はぜひチェックしてみてください。

それではまた。

スポンサーリンク