読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お釣りを貰うのが楽しくなる!LITSTAのコインケースをご紹介します

スポンサーリンク

皆さんはどのような財布を使っていますか?

私は二つ折りのマネークリップを使用していますが、小銭用にコインケースを別に持ちたくなり、新たに購入しました。

そのコインケースですがちょっと面白い構造になっているので、記事でご紹介させていただきます。

LITSTA 小銭入れ

私が今回購入したのはLITSTAのコインケースです。

革の素材をプエブロとドラーロの2種類、さらにそれぞれに豊富なカラーバリエーションが存在します。
f:id:hrktksm:20170321210305p:plain

私は素材にプエブロ、カラーにダークブラウンを選択しました。

それでは実物を見ていきましょう。

高級感のある箱に入っています。
f:id:hrktksm:20170312024146j:plain
f:id:hrktksm:20170312024159j:plain

革のお手入れ方法などが書かれたマニュアルも同梱されています。
f:id:hrktksm:20170312024250j:plain
f:id:hrktksm:20170321183016j:plain

横から見たところ。
f:id:hrktksm:20170320050146j:plain

この商品の最大の特徴はコインホルダーです。
10円・50円・100円・500円硬貨用の幅になっており、挟み込むようにして収納します。 f:id:hrktksm:20170312024308j:plain

1円・5円玉や、ホルダー部に収まりきらなかった硬貨はこちらのポケットへ。 f:id:hrktksm:20170312024501j:plain

カードを入れられるポケットも備えていますので、ちょっとした外出ならこのコインケースだけあれば充分です。 f:id:hrktksm:20170312024524j:plain

実際にコインを収納してみたところ。
4〜5枚ほどを固定できます。
f:id:hrktksm:20170320050617j:plain
しっかりとホールドされるため、逆さにしてもコインが落ちてしまうことはありません。
コインを取り出す時には軽く捻ると簡単に外せます。

いくら入っているかがパッと見てわかる便利さはもちろんですが、何よりもこのユニークな見た目に一目惚れしてしまいました。
使い勝手と見た目の格好良さを両立してるアイテムは大好きです。

革の経年変化

LITSTAの商品を買うのはこれが初めてではなく、私がメインで愛用しているマネークリップも同じLITSTAの商品です。

3年半ほど前に購入し、ずっと気に入って使っています。

マネークリップの材質・色は今回のコインケースと全く同じダークブラウンのプエブロレザーです。
コインケースの色・素材をマネークリップと合わせたのは、時間の経過でどのくらい変化するのかを見比べたかったためです。

そしてこちらが2つを並べていたところです。
f:id:hrktksm:20170312024330j:plain
同じ種類・色の革とは思えないくらいに違いが出ていますね。
新品の時にはサラッとした触り心地ですが、使い込んでいくうちにつるつる・しっとりとした質感に変化していきます。

時間の経過や手で触って使用することにより、劣化ではなく変化していくのが革製品の魅力です。
マネークリップ同様、コインケースも今後の変化を楽しみながら使っていきます。

最後に

いかがだったでしょうか。

私はほとんどの支払いにクレジットカードか電子マネーを利用しています。
そのため現金を使用する機会は僅かですが、LITSTAのコインケースを使い始めてからはその少ない機会が楽しく感じられるようになりました。

面白い物が好きな人は、お釣りを貰う・小銭を使うのが楽しくなるLITSTAのコインケースをぜひ試してみてください。

それではまた。

スポンサーリンク