力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
手軽で美味しい完全栄養食「BASE PASTA」実食レビュー
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

「ラムダッシュ ES-LV7B」購入レビュー!旧モデルから着実な進化を遂げています!

スポンサーリンク

先日書いた「ボーナスで買いたい物」記事でお伝えしたとおり、Panasonicのシェーバー「ラムダッシュ ES-LV7B-A」を購入しました。

今回は、これまで使用していた2世代ほど前の「ラムダッシュ ES-LV74」との比較も含めて、ES-LV7Bをご紹介させていただきます。

ラムダッシュの現行モデルについて

今回購入したES-LV7Bは、2016年9月に発売されたばかりのPanasonicの電動シェーバー「ラムダッシュ」シリーズの最新モデルです。
兄弟機としてES-LV5BとES-LV9Bが存在しますが、Panasonicの伝統なのかこれらのモデルには剃り性能の差は存在しません。

そこで、各モデルの主な違いを簡単にまとめました。

型番全自動洗浄機充電残量表示
ES-LV5Bなし5段階
ES-LV7Bあり3段階
ES-LV9Bあり6段階・多機能ディスプレイ

LV5BはLV7Bよりも下位のグレードの商品ですが、バッテリーの残量に関してはLV7Bよりも細かく表示できます。
最上位のLV9Bは残量表示が細かいだけでなく、刃のお手入れや交換時期に点灯して教えてくれる多機能ディスプレイとなっています。
Panasonic
また、ヘアライン仕上げの高級感のあるメタルボディもLV5B・LV7Bとの違いですね。

買うならES-LV7Bがおすすめ!

以前にも書きましたが、洗浄機付きのモデルは非常にオススメです。
使い終わったら充電器にセットしてボタンを押すだけで充電・洗浄・乾燥まで完了してしまう手軽さは、一度体験したら戻れません。
そしてLV9BとLV7Bの価格差はおよそ1万円ですが、多機能ディスプレイやメタルボディのためだけに出す価値は無いと考えています。
他メーカーのように上位と下位モデルで付属している刃やアタッチメントの種類が異なるというのでしたら考えものですが、ラムダッシュシリーズの場合はそうではないので、特に拘りが無いのでしたらコストパフォーマンス抜群なES-LV7Bをおすすめします。

開封の儀

それでは実際にES-LV7Bを見ていきましょう。
f:id:hrktksm:20161208014611j:plain
付属品はポーチ、洗浄液、マニュアル類。 f:id:hrktksm:20161208015543j:plain
その他、ACアダプター、メンテナンス用のブラシとオイルが付属しています。
f:id:hrktksm:20161208015551j:plain
こちらが充電器ですね。
f:id:hrktksm:20161208015600j:plain
水道水と洗浄液はこちらのカップに補充します。
f:id:hrktksm:20161208015621j:plain
お待ちかねの本体です。
f:id:hrktksm:20161208015643j:plain
プラスチック製の保護カバーが付いており、持ち歩く際に便利です。
f:id:hrktksm:20161208015651j:plain
カバーを外してみました。
f:id:hrktksm:20161208015712j:plain
青というよりは濃紺に近いボディに、各部のゴールドがアクセントとなり、非常に格好良く仕上がっています。
f:id:hrktksm:20161208015732j:plain
f:id:hrktksm:20161208015744j:plain
ガンダムMk-II(ティターンズ)を思い浮かべたのは私だけでしょうか…?

底部には充電端子があり、洗浄機を介さずにACアダプターから直接の充電が可能です。
f:id:hrktksm:20161208024304j:plain
ヘッドの固定やトリマー利用時には背面側のノブをスライドさせます。
f:id:hrktksm:20161208024418j:plain
f:id:hrktksm:20161208024428j:plain

旧モデルES-LV74との比較

写真左が旧モデルES-LV74、右が今回購入したES-LV7Bです。
f:id:hrktksm:20161208022518j:plain
刃と刃の間にある金色のローラーが現行モデル最大の特徴であるスムースローラーです。
肌との摩擦を抑え、さらに"やさしい深剃り"へと謳われていますが、一体どれほどの差になるのかが気になるところです。
f:id:hrktksm:20161208022528j:plain
もう一つ大きく変わったのはロック機構です。
旧モデルではスイッチをスライドさせてロックしていましたが、現行モデルではボタンの長押しで行います。
f:id:hrktksm:20161208022801j:plain
f:id:hrktksm:20161208022809j:plain

使ってみた

早速使ってましたが、"やさしい深剃り"という謳い文句に偽りなしでした!
スムースローラーが肌を優しく転がるのをはっきりと感じます。
それでいて深剃りもしっかりと行えており、ラムダッシュのレベルの高さを改めて実感させられました。

また、以前のモデルと比べてヘッドの可動域が広がっているのですが、その点も剃りやすさの向上に貢献してくれています。
首から顎にかけて剃る際にぴったりと密着してくれるため、剃り残しが減り、結果としてシェービングにかける時間が短縮されました。
旧モデルと同等以上の深剃り性能に加え、肌への優しさを格段に向上させてきたラムダッシュの進化には本当に驚きです。

実は現在、PHILIPSのシェーバー「S9731/33」も使用しています。

PHILIPSのシェーバーといえば回転式を採用しており肌に優しいというイメージがありますが、現行のラムダッシュはそのPHILIPSに近いくらいに優しい剃り心地でした。
「肌への優しさ」だけで比較すればPHILIPSのS9731に軍配は上がりますが、深剃り性能とのバランスではラムダッシュの方が上だと私は感じました。

最後に

Panasonicのラムダッシュは剃り心地・メンテナンス性・刃の耐久性などあらゆる面で高い水準となっており、万人におすすめできるシェーバーです。
「カミソリしか使ったことが無く、どのシェーバーを買えば良いかわからない」という人はぜひ、初めてのシェーバーにラムダッシュを試してみてはいかがでしょうか。
それではまた。

スポンサーリンク