読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

通話もできる軽量防水ヘッドセット「QCY QY19 Bluetooth イヤホン」レビュー

スポンサーリンク

ポケットモンスター サン・ムーン楽しんでますか?
今作は難易度も過去最高なのではないかと言われており、私も夢中になってプレイしています。
さて、ポケモンに夢中になっている間に気付けば今月も残すところあと1週間となってしまいました。
ポケモンもようやくクリアできまして、そろそろブログ活動も再開です。


本日はポケモン記事!…ではなく、久しぶりにガジェット系のレビューをさせていただきます。

QCY QY19 Bluetooth イヤホン

今回ご紹介するのはE&Cストアー様から提供していただいた「QCY QY19 Bluetooth イヤホン」です。

商品自体はQCYというメーカーの商品ですが、Amazonでの販売はE&Cストアーが行っています。

開封の儀

早速開封していきましょう。
f:id:hrktksm:20161118003457j:plain
ヘッドセット本体と、付属品は充電用Micro USBケーブル、交換用イヤーピース、マニュアルです。
f:id:hrktksm:20161118003724j:plain
マニュアルは日本語とイラストで丁寧にまとめられており、非常に読みやすいです。
f:id:hrktksm:20161118003903j:plain
イヤーフックは本体に取り付けられているものも合わせてS・M・Lの3サイズが付属しています。
f:id:hrktksm:20161118003953j:plain
イヤーピースは通常タイプが2サイズ2段キノコ型が3サイズ付属しており、選択肢が豊富なため、耳に合わないという心配はありません。
f:id:hrktksm:20161118004046j:plain

ヘッドセット本体

全体的にマットな質感で仕上げられています。
f:id:hrktksm:20161124011144j:plain
コントローラー部は再生/一時停止と音量増減の3ボタンで構成されており、次の曲/前の曲といった操作は音量ボタンの長押しで行います。
f:id:hrktksm:20161118004129j:plain
充電端子はコントローラー側面についています。
f:id:hrktksm:20161118004219j:plain
充電中は赤、充電が完了するとLEDが青く光ります。
f:id:hrktksm:20161118004352j:plain
f:id:hrktksm:20161118004359j:plain

スマートフォンと接続

スマートフォンとの接続ですが、コントローラー部のLEDが赤と青の交互に点滅するまで再生ボタンを長押ししてペアリングモードにします。
その間に接続したい端末側のBluetooth設定を行いましょう。
今回はAndroidスマートフォン「Nextbit Robin」と接続しています。


Bluetooth設定画面の「使用可能なデバイス」にQCY-QY19が表示されますので、タップすると接続されます。
f:id:hrktksm:20161118011610p:plain

使ってみた

まず驚いたのは装着した時の軽さです。
以前にも同じような価格帯のヘッドセットのレビュー依頼を受けたことがあります。


f:id:hrktksm:20161124011045j:plain
その商品と比較するとイヤホン部分がコンパクトになっており、ケーブルも細く、癖のないものが採用されています。
それらのおかげで着けていることを忘れると言っては過言かもしれませんが、全く気にならないで装着し続けられます。
フィット感については、イヤーフックが耳の内側に引っかかるので頭を激しく振ってもイヤホンが落ちることがありません。
スポーツ時の使用をアピールしている本商品ですが、これは謳い文句に偽りなしですね。

イマイチな点

音質の話に移る前に、使用していて気になった点が一つ存在します。
それは、使用中に音量増減のボタンがどっちがどっちか判断しにくいことです。
コントローラーは右側のイヤホンから約8cmほどの位置に存在するのですが、イヤホンを耳に装着していると視界に入れられず、ボタンも手触りが全て同じため、触っているのがどちらのボタンなのか判断できません。
せめて、音量+ボタンには凹凸を付けるなどの一工夫が欲しかったです。

肝心の音質は?

気になる音質ですが、防水イヤホンとしてはスタンダードなものでした。
以前にレビューしたBluetoothヘッドセットとほとんど差はありませんね。
防水やワイヤレスでない通常のイヤホンも1万円を超えた辺りから各メーカーの味付けが色濃く出てくるため、この価格帯ではそうそう差は出てこないでしょう。
低音は強めですが、厚みのある音という感じで、決して下品な印象は受けません。
反面、音の解像度は価格なりですね。
クリアな中〜高音域を求められている人には合わないと思いますが、R&Bのような音楽とは相性が良いです。

高い遮音性

遮音性が非常に高く、装着した状態で外を走ったりするのは正直危険なくらいだと感じました。
スポーツシーンでの使用もオススメされていますが、ルームランナーなど、屋内でのトレーニング程度にしておいた方が良いでしょう。
私はロードバイクでローラー台トレーニングをする際に使用することにしました。
hrktksm.hatenablog.com

通話機能

商品名は「Bluetoothイヤホン」となっていますが、本商品にはマイクもついており通話も可能です。
着信時には再生ボタンを押すことで電話をとれますが、LINEの着信時にはスマートフォン側での操作が必要です。
マイクの集音性は高く、LINEの通話で実験してみましたが相手は「声はよく聞こえた」「周り(PCで視聴していた動画)の音も聞こえるくらい」と話していました。
また、相手の声もはっきりと聞き取れますので、通話性能は申し分ありません。

最後に

今回の商品を提供していただいたE&Cストアーでは様々なメーカーの商品を扱っています。
iPhoneのガラスフィルムもありますが、Amazonでの評価はかなり高いですね。

私はEnacFire社の両面挿しMicro USBケーブルも所有していますが、これはかなりオススメです。

赤という個性的なカラーのナイロンメッシュケーブルはなかなか格好良いです。
また、両面挿し対応になっていますので利便性は言わずもがなです。
過去にも他メーカーの両面挿しケーブルを数本使用していますが、一度使ってしまうと通常のMicro USBケーブルを使う気には戻れませんね。


派手な赤い外見がちょっと…という人には、渋いシルバーもあります。

セール時には2本セットで1,000円を割ることもあるコストパフォーマンス抜群の商品ですので、是非チェックしてみてください。
それではまた。

スポンサーリンク