読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

ポケモンGO Plus購入レビュー!欲しい人は早めに手に入れよう!

スポンサーリンク

9月16日の午前7時、ポケモンセンターオンラインやAmazonなどでPokémon GO Plusが販売開始されました。

私はちょっと寝坊してしまい、半ば諦めかけていましたが何とか購入することができました。

今回は、そんなPokémon GO Plusを早速使ってみましたので、気になる使い勝手をご紹介していきます。

Pokémon GO Plusとは

大人気スマートフォンアプリ「Pokémon GO」のサポートツールです。

Bluetoothでスマートフォンと接続することで、ポケモンと遭遇した時に光と振動で通知してくれたり、ポケモンを捕まえる・ポケストップでアイテムを回収するといった操作をボタン1つで行えるようになります。

また、スマートフォン側がスリープ状態になっていても上記の操作や、卵の孵化や相棒ポケモンのアメをもらうための歩数がカウントされるのも大きな魅力です。

開封の儀

まずは外観を見ていきましょう。

f:id:hrktksm:20160917000450j:plain

内容物はPokémon GO Plus本体、バンド、取扱説明書のみとなっております。

Pokémon GO Plusはボタン電池で駆動しますが、取り付けられた状態になっていますので購入したらすぐに使えます。なお、バッテリーは約100日持つようです。

f:id:hrktksm:20160917000500j:plain

通知ランプ兼ボタンという非常にシンプルな商品です。

写真だとランプの色が淡く見えますが、実際には原色系の光で結構目立ちます。

f:id:hrktksm:20160917001851j:plain

ポケットに引っ掛けるためのクリップ部も簡素な作りですね。

f:id:hrktksm:20160917000517j:plain

バンドに交換するにはネジを外す必要があります。精密ドライバーを用意しておくと良いでしょう。

f:id:hrktksm:20160917000523j:plain

使用準備

スマートフォンとのペアリングは非常に簡単です。

BluetoothをONにした状態でPokémon GOを起動し、「設定」→「Pokémon GO Plus」と移動。

f:id:hrktksm:20160917000139p:plain

「Pokémon GO Plus」をタップすればペアリング完了です。

f:id:hrktksm:20160917000157p:plain

これでPokémon GO Plusが使用できる状態になりました。

実際に使ってみた

Pokémon GO Plusの設定が完了するとフィールド画面の左上にアイコンが表示されます。

f:id:hrktksm:20160917002434p:plain

接続が切れていると、このアイコンがくすんだ色になりますのでアイコンをタップして接続し直してください。

f:id:hrktksm:20160917002728p:plain

ポケモンと遭遇した場合

ポケモンと遭遇するとランプが緑に光って通知され、その状態でボタンを押すとモンスターボールを投げてくれます。

捕獲判定中はモンスターボールのお馴染みの揺れと同じのリズムで3回ほど白く光ったあと、カラフルに光り輝くと捕獲成功です。

逆に、ランプが赤く光ったら捕獲失敗です。

捕獲に成功したかどうかはスマートフォン側の通知でも確認できます。

f:id:hrktksm:20160917071216p:plain

ワンプッシュで捕獲が可能になるPokémon GO Plusですが、注意点も存在します。

使用されるのはモンスターボールのみ

Pokémon GO Plusのボタンを押した時に投げるのはモンスターボールのみです。

ズリの実を与えたり、スーパーボール・ハイパーボールに変更することはできません。

モンスターボールが無くなった場合にはPokémon GO Plusではポケモンを捕まえられなくなり、スーパーボール・ハイパーボールを持っていても投げられません。

その場合、Pokémon GO Plusはランプが赤く光り、スマートフォン側にもこのように通知されます。

f:id:hrktksm:20160917005216p:plain

レアなボールを勝手に使われないというのは安心かもしれませんが、設定で変更できればもっと親切でしたね。

チャンスは1回

ポケモンと遭遇した時、通常は逃げるまで何回かボールを投げるチャンスがありますが、Pokémon GO Plusで捕獲を行った場合には失敗すると1度で逃げられてしまいます。

ズリの実使用不可・モンスターボールのみ・チャンスは1回ということで、レアなポケモンどころかポッポやコラッタですらちょっとCPが高いとすぐに逃げられてしまいます。

f:id:hrktksm:20160917011207p:plain

スマートフォンを開かずに捕獲できるのが魅力ですが、何のポケモンと遭遇したのかはPokémon GO Plus単体では当然わかりません。

後悔をしたくない人はスマートフォン画面とPokémon GO Plusを併用し、どうでもいいポケモンの時にはGO Plusのボタンを押す、逃したくないポケモンの時にはスマートフォンで戦闘を行うという使い分けが良さそうです。

ポケストップに近付いた場合

ポケストップに近付くとランプが青く光ります。

その状態でボタンを押せばアイテムが獲得でき、振動の数で「何個アイテムをゲットできたのか」を判断できます。

こちらは特に注意する点も無いでしょう。

Apple WatchやAndroid Wearにも

先日のAppleイベントで、Apple WatchのポケモンGO対応が正式に発表されました。

また、こちらは正式な発表ではありませんが、Android WearもポケモンGOに対応するような動きを見せています。

ポケモンGOアプリがAndroid Wearに近日対応するかも!|ギズモード・ジャパン

Pokémon GO Plusがある程度普及した頃にアプリを出してくるのではないかと個人的には考えていますが、どうなるか注目ですね。

Pokémon GO Plusの機能に加え、何のポケモンと遭遇したのかまで確認できれば文句なしですが、果たしてどのような機能になるのか。

Huawei Watchユーザーの私としてはAndroid Wear対応に早く来てもらいたいと感じています。

hrktksm.hatenablog.com

Pokémon GO Plus総評

スマートフォンを開かずにポケモンの捕獲・ポケストップでのアイテム回収が行えるのも便利ですが、スリープ状態別のアプリを使っている時にも歩数をカウントしてもらえるのが何よりもありがたいです。

ポケモンGO最大の弱点であるバッテリー持ちを、GO Plusとの連携によって完全にカバーできます。

端末の相性もあるのかもしれませんが、時々接続が切れていて再接続しなければいけないのは気になりますね。

モンスターボールしか使ってくれないなど不便な点もあるものの、スマートフォンの操作と使い分ければ死角はありません。

通知の光や振動もわかりやすくて助かります。

ポケモンGOにハマっている私としては、大満足の商品ですね。

そんなGO Plusですが、現時点ではヤフオクやAmazonでの価格が定価の倍以上に釣り上げられてしまっています。

在庫がいつ回復するのかは未定ですので、欲しい人は細かくチェックしておくと良いでしょう。

解析された情報によると金・銀のポケモン達がポケモンGOに登場するのもそう遠くは無さそうです。

そうなると既にポケモンGOに飽きてしまっている人の復帰も予想され、GO Plus需要はさらに高まりそうですので、早めの入手をオススメします。

それではまた。

スポンサーリンク