読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

「ヤフオク!」で高く売るために私が心がけていること

お金 生き方・考え方
スポンサーリンク

趣味で色々買っているとすぐにお金が消えてます。

しかし新しい端末が発売されたら「触ってみたい。」「欲しい。」と考えるのがガジェオタの性です。

そんな時に私はヤフオク!でお金を作っています。

今月もヤフオク!だけで6万円ほど売り上げていますし、意外と結構な金額になります。

今回はそんなヤフオク!で高く売るために私が実践している方法をいくつか紹介します。

今すぐ使えるかんたん ヤフオク! 攻略スタートブック

今すぐ使えるかんたん ヤフオク! 攻略スタートブック

最低落札価格は無し

  1. 入札する側からしたら少しでも安く手に入れたい。

  2. だから安い金額でも買えそうな入札をしてみる。

なんてことはよくあります。

しかし最低落札価格が設定されているとその金額以下では手に入らないことが確定しているため、入札数は自然と減ります。

入札数について詳しくは後述しますが、落札価格を上げるためには非常に重要なファクターです。

1円スタートする

こちらも最低落札価格と同じです。

入札数を稼ぎたいので、1円スタートして安い金額からちまちま入札をしてもらいましょう。

それでは、入札数を増やす理由をご説明しましょう。

検索で見つけやすくする

入札数を増やしたい理由は「検索で見つけやすくするため」です。

SEO対策などでGoogleの検索順位を意識している人は想像しやすいかもしれませんが、検索の上位に来ると見られる頻度が大きく変わります。

ヤフオク!では、商品を検索するとデフォルトの並び順が「人気順」となっており、この人気順を決める材料がウォッチリスト数入札数なのです。

そのため、細かい金額で何回も入札された商品は上位に来ます。

自分の商品を上位に持ってきたいのなら、以上のことを意識すると良いでしょう。

商品のマイナスポイントは写真で見せる

良い点をアピールして、傷等のマイナスポイントはなるべく誤魔化したいというのが落札者の本音だと思います。

しかし、そこをあえて見せることで安心感を与えることができます。

もちろん、質問が来たら嘘偽り無く答えるようにしましょう。

中には冷やかしのような質問もありますが、丁寧に答えることで他の人が入札しやすくなります。

ちなみにですが、マイナスポイントをきっちりと伝えれば壊れた商品にも値は付きます。

ジャンク品HDDや、折れたロードバイク用サドルも1,000~2,000円で売れました。

自分にとっては使えない品でも、他の人からは需要があるかもしれないという好例ですね。

終了日時は土日祝日の夜9~10時に設定

例えばですが、終了日時を平日の深夜に設定していたら見ている人はほとんどいません。

そんな時刻では、ウォッチリストに登録されていても面倒で入札しないということもあり得ます。

ただしこれは商品のジャンルや、興味を持つであろう人の年齢層に合わせて調整してください。

基本的に休日にしておけば平日よりは効果があります。

まとめ

何より大事なのは「気付いてもらうこと」です。

どんなに良い商品でも気付かれないまま終了してしまえば価格は上がりません。

  1. 検索の上位に来るようにする

  2. 上位にするためには入札数を増やす

  3. 入札数を増やすには敷居を下げる

この流れが重要です。

もう使わないけど捨てるのはもったいない

そんな商品が家に眠っている人は、ヤフオク!を利用してみてはいかがでしょうか。

また、ヤフオク!への出品にはYahoo!プレミアムへの登録が必要となります。

月額制となりますので、出品したい月のみ登録するというのもアリでしょう。

まだ登録されていない人はこの機会にぜひ、挑戦してみてください。

それではまた。

スポンサーリンク