力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

お風呂で使える低価格防水タブレットの新定番「Qua tab PZ」
完全食COMPを1年以上飲み続けている私がおすすめする組み合わせ3選
手軽で美味しい完全栄養食「BASE PASTA」実食レビュー
PHILIPS製42.5型4Kディスプレイ「BDM4350UC/11」
電子書籍デビューに最適!「Kindle Paperwhite」レビュー。他モデルとの違いも解説
Kindleだけじゃない!電子書籍サービスならhontoがおすすめ!
ベストバイな2in1モデル「Acer Chromebook R 13」
防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」購入レビュー
通勤・通学カバンに入れておくと役立つモノ(と、微妙だったモノ)を紹介します

0 SIMが噂通り一般販売を開始で転売屋の顔面Blu-ray

スポンサーリンク

転売屋顔面Blu-ray

昨年末、デジモノステーションの付録としてたいへん話題になった0 SIMがこの度正式にサービス開始することとなりました。

lte.so-net.ne.jp

ヤフオク等でもどんどん値上がり、転売屋さん達はさぞ美味しい思いをできたことでしょう。そんな0 SIMがいつても契約できることとなり転売屋からは買いたくないという絶対の意思を持っていた人には嬉しいお知らせですね。今回はその0 SIMの特徴や注意点をご紹介します。

500MBまでの使用なら無料

最大の特徴がこちらですね。毎月500MBまでなら無料で使うことができます。月々の維持費を少しでも安くしたい人から複数台持ちの人まで誰が持ってもお得です。

500MBを超えると料金が発生

500MBを超過すると100MBごとに100円の料金が発生します。料金が発生すると、格安SIM系の契約と比べると割高になってくる点に注意ですね。3GBで900円が現時点でのスタンダードですので、2GBで1600円というのはかなり高め。ですのでメインSIMとして運用を検討されている方は自身の毎月の使用量と相談してみてください。500MBをコンスタントに超えるようなら一般的な格安SIM系の方が安定ですね。

個人的なオススメはNifmoです。理由は速い、それだけ。

NIFTY NifMo SIMカード ナノ/マイクロ/標準SIM お申し込みパッケージ

NIFTY NifMo SIMカード ナノ/マイクロ/標準SIM お申し込みパッケージ

人気があるので試しにIIJも契約してみましたがこちらはちょっと遅いですね。

導入パッケージが安いことと、ユーザー数が多いことがメリットです。後者は速度低下というデメリットにもつながりますが、人気のある会社はサービスの充実に精力的ですのでここでは利点とさせていただきました。では話を0 SIMに戻して最後の注意点を。

自動で解約される場合がある

「本サービスの契約日後、3ヶ月間連続してデータ通信のご利用がない場合、自動的に解約とさせていただきます(音声通話対応プランを除く)。」と記載されています。「いつか使おうと箪笥の奥に置いておいて、気づいたら契約解除されていた」なんてことにならないようにしたいですね。

1枚持っておいて損は無い

というわけで私もさっそく契約してきます。格安SIMが気になるけどメインにするのは不安…なんて人も、この機に1枚いかがでしょうか。

デジモノステーション 2016年02月号

デジモノステーション 2016年02月号

hrktksm.hatenablog.com

2016/02/24 関連記事投稿

hrktksm.hatenablog.com

スポンサーリンク