読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力こそパワー

筋トレ好きプログラマーのガジェット・ロードバイク紹介

Chromebit購入~セットアップ

ガジェット レビュー Chrome OS
スポンサーリンク

米Amazonから着弾!

f:id:hrktksm:20160120225438j:plain

もうタイトルでネタバレしてしまっていますが、Amazon.comから先ほど荷物が届きました。

今回は写真多めで開封からセットアップまでをレビューさせていただきます。

まずは箱から

f:id:hrktksm:20160120225440j:plain

第一印象は非常にチープ

最近ではChromecastくらいの低価格端末でも結構高級そうな箱に入っているのがアタリマエになっていますが、Chromebitはそこらへんの無駄を省いてコストダウンをしているのでしょうか。

近年の高級箱ブームを作ったのはやはりAppleですかね。初代iPod shuffleを購入して驚いたのが懐かしいです。

箱側面はこんな感じ。

f:id:hrktksm:20160120225441j:plain

そういえばZenfone 2の時もこんなデザインになっていました。

hrktksm.hatenablog.com

開封の儀

付属品含めた内容物はこちらです。

f:id:hrktksm:20160120225442j:plain

本体とHDMI延長ケーブル、ACアダプター等ですね。

写真で伝わるかは微妙ですが大きさはこんな感じです。

f:id:hrktksm:20160120225443j:plain

f:id:hrktksm:20160120225444j:plain

Chromecastよりは結構長めです。

質感はマットでかなり好み。

f:id:hrktksm:20160120225445j:plain

f:id:hrktksm:20160120225446j:plain

HDMI端子の逆側にUSB端子とストラップホールがあります。

給電用端子は側面ですね。

個人的にはこの配置は逆にしてもらいたかったです。横からケーブルが出ると結構鬱陶しいんですよね。

セットアップ

最初にマウスとキーボードを探すように促されます。

f:id:hrktksm:20160120225447j:plain

見つかるとこのようにチェックが入るので次に進みましょう。

f:id:hrktksm:20160120225448j:plain

言語やアカウント設定も特に悩まずサクサクと。

f:id:hrktksm:20160120225449j:plain

f:id:hrktksm:20160120225452j:plain

ほんの1分程度で最初のセットアップは完了です。

f:id:hrktksm:20160120225450j:plain

f:id:hrktksm:20160120225454j:plain

Chromeを立ち上げると当然ながら普段のアカウントで使用しているアプリは自動で入ってきます。

端末ごとに個別で設定をし直さなくていいというのは非常に効率的。すばらです。

ちなみにセットアップ中はこんな感じに設置してます。ある程度落ち着いたらちゃんと配線を整えます。

f:id:hrktksm:20160120225451j:plain

画面解像度はフルHDまで。

f:id:hrktksm:20160120225453j:plain

周辺機器

本日最後はChromebitに組み合わせているキーボードの紹介を。

Logicool製のトラックパッド付きキーボードです。

先日のAmazonのタイムセールで購入したものの、使いみちがなくて困っていました。

今回、Chromebitとの組み合わせで問題なく動作したので幸いです。

ドライバのインストールも不要なうえ、ボリュームコントロール等もキー操作で行えます。

f:id:hrktksm:20160120225455j:plain

これから色々動かして、またレビューをしようと思います。

それではまた。

スポンサーリンク